Woocommerce Menu

活躍を続ける方法

多くのIT系の企業が、人材不足に陥っていると言われている。さらに、仕事がハードで拘束時間が長いのに給料が安いと思われがちなため、新たな人材がなかなか入ってこない企業もある。このような状況であればフリーランスエンジニアの需要は今後もあると考えるかもしれないが、長く仕事を続けられる将来性のあるエンジニアになるためには守らなければいけないことがある。

まずは、仕事の単価を下げないということだ。仕事を得たいがために安い単価で引き受けると、案件の数が増えるだけで気持ちも体力も続かなくなる。そして、一度安い単価で引き受けるとそれ以降も安い単価でしか仕事を依頼されなくなってしまう。そのため仕事の単価には妥協せず、クオリティの高い仕事をすることで今後も仕事を依頼されるエンジニアになるべきである。

またいくら単価が良いからといって、単発で今後の依頼に繋がらないような仕事ばかりを引き受けない方が良いだろう。独立したばかりであれば経験を積んだり手元の資金を得るために、そのような仕事が必要な場合もある。しかし今後の仕事に繋がらなければ将来的にはジリ貧になってしまうため、少しずつでも将来を見据えた案件を引き受けるべきだろう。

さらにフリーランスで長く活躍するためには、アフターサービスやメンテナンスなどの定期的に依頼される仕事も必要となる。定期的な仕事を得て安定して収入を得ることは、フリーランスで活躍し続ける原動力となる。

そして特に大切なのは、独立したばかりの頃の気持ちを忘れないということだ。会社という組織に守られていないため、時には苦戦を強いられるかもしれない。そんな時は、初心を思い出すことで乗り越えられる。