Woocommerce Menu

会社員との働き方の違い

IT系企業の一員として活躍している人の中には、今後このまま仕事を続けていくべきかどうかと悩むこともあるだろう。そんな時には、改めて会社員としての働き方とフリーランスとしての働き方のメリットやデメリットを比べてみるのも解決策のひとつといえる。

まずは、安定した収入という面でみてみると、会社員であれば仕事の有無に関わらず毎月定額が給料として支給され、万が一解雇となってもさまざまな保障や保険があり収入が全くなくなることはない。だが、フリーランスの場合には、出来高制であるため仕事がなければ、収入を得ることができないためリスクも多い。とはいえ、フリーランスであれば案件の報酬額全てが自分の収入となるため、給料アップにも期待が持てるのがメリットといえる。

社会からの信用度では、収入との関連もあるため当然のことながら会社員の方が信用度は高く、教育制度においてもスキルアップの応じた研修や講習などを受けられるのは会社員である。フリーランスはその点では劣るが、仕事に関しては自分の興味のあるものや、やりたいと思う案件を自分で選ぶことができ、顧客と対等に話ながら進め方などを決めていかれるという自由さとその責任がやりがいにも繋がる。

また人間関係という点においても違いがある。会社員の場合はプロジェクトにより多少の変化はあるがそれでも同じ人達と仕事をすることが多い。だがフリーランスであれば、毎日同じ環境で同じ人たちと仕事をするわけではなく、さまざまな業界とさまざまな人との出会いがある。そうして人脈の幅を広げられるのもフリーランスの魅力といえる。

フリーランスには何かと不安な点はあるが、メリットも存在している。また会社員にもデメリットが存在しているのだ。自分にはどちらが合っているのかをよく考えて選択するとよいだろう。ちなみに下記の参考サイトでフリーランスの不安とその解消を紹介しているため、読んでみると選択の参考になるのではないだろうか。
参考サイト:http://freelance-fuankaisho.net